税理士法人 かさい会計 > 一般社団法人を活用した事業承継対策

一般社団法人を活用した事業承継対策

一般社団法人には相続税がかかりません。

① 一般社団法人の設立(後継者を代表に)
② 一般社団法人が金融機関等から資金調達
③ オーナーが保有する事業会社の株式や不動産を一般社団法人で買取
④ 事業会社から受け取る配当金(法人税非課税)で借入の返済
⑤ 一般社団法人が保有する資産については相続税がかからないため一族の資産管理が容易に

一般社団法人の主な特徴

  • 設立は登記のみで可能
    とくに認可などの手続は不要です。
  • 役員は親族のみでOK
    親族だけの純粋なプライベートカンパニーにできます。
  • 出資をせずに設立可能
    持株会社方式の最大のネックとなるのが持株会社の株式ですが、そもそも、一般社団法人は出資が不要なため、一般社団法人の所有する資産については相続税が非課税となります。要するに「出資がない=株式がない=相続税が非課税」というイメージです。
一般社団法人の主な特徴

セミナー情報

よくある質問

株式会社農業経営支援センター

Blue Arrow Consulting Inc.

ページトップへ