税理士法人 かさい会計 > 医療機関・事業承継 > 資産管理

資産管理

医療機関にかかる資産は、未来へ引き継ぐべき資産

「どこに資産があるか?」で大きく差がでる資産管理

病院・クリニックを問わず医療機関の資産、とくに不動産は高額になりがちです。こういった資産を『だれが』持つのかが問題になります。

早い時期に適切な『だれか』に資産を持たせれば、ムダなコストを減らしつつ、将来の承継もラクになります。適切な『だれか』と移転すべき資産、いつ移転するのか、をあわせてご提案します。

個人の資産状況が医療機関経営に影響を与えないように

医療機関の特徴として、理事長や院長個人の資産状況が医療機関経営自体に大きな影響を与えることがあげられます。個人資産をムリなく承継していくことが、医療機関を守ることにもなります。

生前贈与や財産分与を行いながら、個人資産の承継対策をご提案します。

セミナー情報

よくある質問

株式会社農業経営支援センター

Blue Arrow Consulting Inc.

ページトップへ