税理士法人 かさい会計 > 医療機関・事業承継 > 承継対策

承継対策

団塊世代のリタイア目前 医療機関の『大量退職』迫る

医療法人は『持分問題』を避けてはとおれない

2011年3月に厚生労働省から公表された『円滑な承継マニュアル』にもとづき『持分なし医療法人』を積極的に推進してきたかさい会計。持分をなしとするか、あえて持分を維持し続けるかは選択次第ですが、持分問題を検討しないという選択はありえません。また早ければ早いほど対策が有利になる点も見逃せません。いまの医療法人持分評価額を知り、今後なにをすべきかを知る。持分問題は実績のあるかさい会計にぜひお任せください。

とくに不動産を中心とした対策を実施個人開業医にも承継対策が必要

医療法人よりも経営面での自由度が高い個人開業医。その反面、個人課税強化の流れの中、個人開業医の承継にはきわめて高い税負担が課せられます。
医療法人以上に、しっかりした対策を打って、後継者にいい状態でバトンをつなぐことが必要です。

M&Aという選択肢全国的に増えつつある『第三者承継』

第三者承継の3つの形 … 不動産売買・医療法人承継・医療法人合併

後継者難の先生を中心に第三者承継の道を探られている医療機関が増えています。
しかしひとくちに第三者承継と言っても、大きくは、

の3つに分かれます。

医療機関の規模・病床の有無・完全承継の時期などに応じ、どのタイプを選択すべきは異なります。
売買先の検索や金額査定など一括でサポートできるかさい会計にぜひご依頼ください。

セミナー情報

よくある質問

株式会社農業経営支援センター

Blue Arrow Consulting Inc.

ページトップへ