税理士法人 かさい会計 > 相続・事業承継 > 相続対策

相続対策

相続対策 不安を解消 3つのポイント

資産をめぐるもめ事は避けたい

相続対策の一側面として『争続対策』、いわゆる『財産分与』をいかにスムーズに行うかが重要です。単に相続税額だけを考えていては必ずトラブルとなります。また被相続人の意向ばかり優先していては相続発生後のトラブルを招きます。被相続人の意向をふまえつつも相続人間の感情の『アヤ』・経済状況を十分に考慮して『円満相続プラン』をご提案します。

資産の価値がどの位あるのかわからない

相続手続きとして必要になるのが、保有資産の評価です。相続財産リストを作成し、相続財産を確定する必要があります。財産評価は金銭に換算して行いますが、土地・建物等は評価方法が複雑です。難しく労力がかかる遺産の調査及び評価も、相続税申告に精通したかさい会計にお任せください。

納税資金を確保できるか心配

相続対策は相続税額だけに限らず、納税資金の確保や相続後の状況を考慮した上で行います。相続税の納税資金は相続税の節税だけでは解決しません。相続税は現金一括納付が原則ですから、納税資金の用意が必要です。税額と手元資金、相続後の資産状況を勘案し、どのバランスで対策を行なっていくのか。複数のシミュレーションをもとに総合的な『納税対策』をご提案します。

セミナー情報

よくある質問

株式会社農業経営支援センター

Blue Arrow Consulting Inc.

ページトップへ